水瓶座列車

どこまで行けるか、とりあえず発車します。

クリームシチューのルーで作るカルボナーラの作り方を簡単解説

 

ダイエットや栄養を取ることを考えて、自炊するようにしました。

やっと毎日の献立を考えることや作るときの手抜き具合も徐々にわかってきました。

 ただどうしても作るのが面倒なものや、諦めていたものがあるのですが、

その一つにカルボナーラがありました。

 

カルボナーラを食べたいときは、家でやるのが面倒だと思い込んでいて、

外食していたのですが、外食ではどうしても1食あたり1000円を超えてしまいます。

でネットで調べたところ、クリームシチューのルーを使って、フライパンでできることがわかったのです。

 

早速、トライしました。できあがりは、こんな感じです。 

 

f:id:aquarius999:20181012065447j:plain

 

自宅で、これだけの味が出せるならもう店に行く必要が無いなあと思いました。

かかった値段も1食100円ぐらいです。

 

作り方は、超簡単で1口コンロの場合30分ぐらいでできます。

私が使っているIHヒーターは、1口なのでこれぐらいかかってしまいます。

 

1個コンロの場合は、先にパスタを茹でます。

茹で終わってから、カルボナーラソースを作りますが、パスタはそのまま鍋の中に入れておいても大丈夫でした。 

茹で汁は捨てずに置いておいてください。カルボナーラソースを作るときに使います。

 

 

 

調理時間

 

1口コンロの場合: 30分ほど

2口コンロの場合: 多分15分ほど

        (2口ある場合は、パスタ茹でとソースを平行で作れます。)

 

材料

 

 ・パスタ         100グラム

 ・クリームシチューのルー 1片

 ・スライスチーズ     1枚

 ・ベーコン        1袋(5枚入り)

 ・粗びきコショウ     一つまみ

 

作り方 (1口コンロの場合)

 

 1.最初にベーコンを好みのサイズに切っておきます。

 2.鍋に水を入れて、強火で沸騰するのを待ちます。

 3.沸騰してきたら、鍋にパスタを入れて茹で上がるのを待ちます。約10分ぐらいです。

 4.茹で上がったら、その鍋はそのまま横に置いておきます。

 5.次にフライパンに少し水を入れて強火で沸騰するの待ちます。

 6.沸騰し始めたら中火にして、クリームシチューのルーを入れて溶かします。

 7.かき混ぜて全体が溶けたらすぐに、スライスチーズを入れます。

 8.チーズも溶け始めたら、1で切っておいたベーコンを入れて少しかき混ぜます。

 9.4で置いておいたパスタを取って、8のフライパンに直接入れます。

 10.少し水分が足りない場合は、パスタのゆで汁を少し入れて調整します。

 11.全体的にソースをパスタに絡めたら、お皿に盛りつけます。

 12.最後に、粗びきコショウを振りかけて完成です。

 

 

カルボナーラソース作りで使用しましたフライパンが、

すごく使い勝手が良かったのでご紹介したいと思います。

 

 

このフライパンは、20㎝で取っ手が取れるフライパンです。

一人分であれば、このフライパンがベストな大きさです。

また朝食でのハムエッグやちょっとした炒め物を作るのにとても重宝しています。

 

あと材料で使ったクリームシチューのルーは、

トップバリュの「北海道産生クリームのクリームシチュー」を使いました。

 

f:id:aquarius999:20181012065932j:plain

 

そしてスライスチーズは、

スターセレクトの「とろけるスライスチーズ」を使いました。

 

f:id:aquarius999:20181012070023j:plain

 

どちらもスーパーのライフで売っています。

クリームシチューのメーカーやスライスチーズのメーカーを変えて、

いろいろ組み合わせてみると、自分好みのカルボナーラソースが作ることができます。

 

簡単にできて絶対おいしいので、是非試してみてください。

 

 

<関連・おすすめ記事>

終了音を消すことができるオーブンレンジのおすすめランキング - 水瓶座列車

終了音を消すことができる電子レンジのおすすめランキング - 水瓶座列車

温度調節ができる電気ケトルのおすすめランキング - 水瓶座列車

一人暮らしのおかずに便利なおすすめ宅配食ランキング - 水瓶座列車

料理の時短ができるカテゴリ別おすすめ宅配食ランキング - 水瓶座列車

一人暮らしや夜食に便利な小型ホットプレートのおすすめランキング - 水瓶座列車