水瓶座列車

どこまで行けるか、とりあえず発車します。

Raspberry Pi 3B+ にRaspbianをインストールする手順

f:id:aquarius999:20181126191937j:plain

 

 

 

RaspberryPi 3B+をやっと買ったので、とりあえずまずはRaspbianのインストールから始めようと思います。 

インストールできるOSは、ubuntu MateやWindows10 IoT core、LibreELECなどありますが、

それは後々やるとして、まずは基本のRaspbianを触りつくそうと思っています。

それでは、Raspbianのインストール手順を説明していきます。

 

 

 

 

 

 

  1.Raspbianのインストール準備

 

インストールする準備としては、

・RaspberryPi 3B+ ボード (以下からラズパイと呼びます。)

HDMIケーブル

microSDカード 32GB

・USBキーボード

・USBマウス

の機材が必要になります。

microSDカードは、8GB以上であれば問題ありませんが、32GBでも1000円程度だし、

後々のことを考えて、32GBを使用します。

あらかじめ、ラズパイにUSBキーボード/マウスを取り付け、モニタにも接続しておいてください。

 

インストールで使用するRaspbianOSのイメージは、

Download NOOBS for Raspberry Pi

にアクセスして、下記の青枠からダウンロードします。

 

f:id:aquarius999:20181126175317p:plain

 

ダウンロードしてきたzipファイルを展開すると、インストールのREADMEファイルがあります。

これを読むと、microSDカードのフォーマットには、

SD Memory Card Formatter for Windows Download - SD Association

のフォーマットツールを使用するように書かれているので、

アクセスして、下記の赤枠をクリックしてダウンロードします。

 

f:id:aquarius999:20181126175708p:plain

 

別にWindowsのフォーマットでも問題ないような気がしますが、

とりあえずこれを使ってmicroSDカードをフォーマットします。

ツールはこんな感じです。

 

f:id:aquarius999:20181126175933p:plain

 

ボリュームラベルがRECOVERYになっていますが、

既にRaspbianOSをインストールしたmicroSDカードを使ったので、特に意味はありません。

新品のカードの場合は、ボリュームラベルに何もない状態になっています。

 

このツールでフォーマットしたmicroSDカードにダウンロードしてきたイメージファイルをそのままコピーします。

コピーは、フォルダを置くのではなく、下記のようにフォルダ配下全てを選択して、コピーします。

 

f:id:aquarius999:20181126180452p:plain 

 

 これで準備万端です。 

 

  2.Raspbianのインストール

 

イメージファイルをコピーしたmicroSDカードをラズパイ挿入して、電源を入れます。

電源を入れてモニタを見ると、RaspbianOSのインストール画面が表示されます。

 

f:id:aquarius999:20181126184315j:plain

 

➀のRaspbian Fullにチェックを入れて、②のInstallボタンを押します。

そうすると、RaspbianOSのインストールが始まります。

完了するとポップアップが表示され、OKボタンを押します。

 

f:id:aquarius999:20181126184712j:plain

 

 

押した後、ラズパイを再起動するように指示されますので、再起動します。

この時、microSDカードは挿入したままです。

インストールと言っても、microSDカードの構成を変えて起動できるようにしているので、

microSDカードを外して電源を入れても何も起動しません。

そのmicroSDカードをWindowsで見てみると、

インストールすることによって、いくつかパーティションが作成されていることがわかります。

そして、bootパーティションだけFAT32なので見ることができます。

他2つは、EXT4なので起動した時にこの領域が使用されることになります。

 

 

 

  3.Raspbianの起動確認

 

再起動すると、「Welcom to Raspberry Pi」のウィンドウが表示されますので、Nextをを押します。

その後、Raspbianの初期設定が始まります。

 

1.国・言語・タイムゾーンの設定

 自分に合った設定をしてください。

f:id:aquarius999:20181126185843p:plain

 

2.パスワードの設定

 ラズパイのデフォルトユーザーであるpiのパスワードを決めます。

f:id:aquarius999:20181126190040p:plain

 

3.ネットワークの設定

 有線/無線のネットワーク設定を行います。

 下記の画面は、無線LANの設定画面です。

f:id:aquarius999:20181126190412p:plain

 

4.ソフトウェアアップデート

 アップデートするか否かを決めます。

インストールで使っているmicroSDをしばらく使い続けるならアップデートしておいた方が良いです。

f:id:aquarius999:20181126190820p:plain

 

5.インストール完了

 以上で、インストール完了です。

下記は、完了後にネット接続の確認とdfコマンドでmicroSDカードのパーティションを見てみた画面です。

f:id:aquarius999:20181126191202p:plain

 

  4.最後に

 

ラズパイを触る第一歩として、既にビルドされているRaspbianのインストールを行いましたが、

これからラズパイをいろいろ触っていくならやはり自分でカーネルビルドする方が良いです。

次はRaspbianをビルドする方法を書く予定です。

 

 

 

 

<関連・おすすめ記事>

RaspberryPi(ラズパイ)でカメラを使ってストリーミング配信する手順 - 水瓶座列車

RaspberryPi (ラズパイ)で使用できるカメラのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

Bluetoothでマルチペアリング(複数台接続)できるキーボードのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

Bluetoothでマルチペアリング(複数台接続)できるマウスのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

簡単にできるWindowsからラズパイ3B+にリモートアクセス(VNC,SSH)する手順 - 水瓶座列車