水瓶座列車

どこまで行けるか、とりあえず発車します。

無料のDDNSを取得してバッファローのルーターに設定する手順

f:id:aquarius999:20201001174203j:plain

 

外出先から自宅のLANにアクセスしたいと思ったことはありませんか?

WANから自宅LANに接続するためには、自宅LANの場所を特定する必要があります。

特定するためには、固定IPアドレスやダイナミックDNSを使用します。

 

固定IPアドレスは、プロバイダのサービスで提供されており契約するともらえますが、

月額数千円かかる場合もあります。さすがに個人で持つには高いです。

そこで固定IPアドレスの代わりにダイナミックDNSを使うことで、

固定IPアドレスが無くても自宅LANを特定することができます。

 

ここでは、無料のダイナミックDNSを使用して、

バッファロー製のルーターに設定する手順を説明していきます。

 

 

 

 

  1.ダイナミックDNSとは?

 

 ダイナミックDNSは、バッファローやプロバイダと契約して使用する有料のものと、

使用制限がありますが無料のものもあります。

 

プロバイダから固定IPアドレスが割り当てられていないわけではないのですが、

このアドレスの値が定期的に変わります。

そのため、アドレス直値でアクセスしている場合、突然アドレスが変わってアクセスできなくなります。

そうならないように動的に変わる固定IPアドレスとホスト名(ドメイン)とを動的に対応させて、

動的に変わることのないホスト名を使用することで、突然アクセスできないということが無くなります。

この仕組みがダイナミックDNSです。 

 

  2.無料のダイナミックDNSの取得

 

ダイナミックDNSを使用するには、まずルーターが対応しているかを確認します。

そして、そのルーターで使用できるダイナミックDNSサービスは何かを確認します。

 

どういうことかというと、

私が使用しているルーターは、バッファローのAirStation WSR-1166DHP3なのですが、

このルーターに設定できるダイナミックDNSは、下記の3通りしかありませんでした。

 

BUFFALOダイナミックDNS

 バッファローのダイナミックDNSサービスで年額3600円で利用できます。

DynDNS

 ORACLE DynのダイナミックDNSサービスで個人の場合は月額7ドルで利用できます。

No-IP

 no-ipのダイナミックDNSサービスで有料/無料のプランがあります。

 

優先条件として無料のサービスを使用したいので、No-IPのダイナミックDNSを使用します。

ただ無料の場合、登録したホスト名の使用期限が30日間で、

引き続き使用したければ期限が切れる前にNo-IPにログインして使用期限を更新する必要があります。

まあ、使用期限前にメールが来るので更新し忘れることも無いと思います。

 

No-IPのダイナミックDNSの利用手順

 

利用手順は簡単で、まずhttps://www.noip.com/にアクセスします。

メインページの最下にある、「Sign Up for Free」をクリックします。 

f:id:aquarius999:20201001174323p:plain

 

 クリック後、登録画面になりますので、

メールアドレスとパスワード、ホスト名を入力します。 

f:id:aquarius999:20201001174413p:plain

 

メールアドレスは、No-IPからのメールを受信したいアドレスを入力します。

パスワードは、この入力で決定されるので、ここでは何でも構いません。

右側に入力したパスワードの強さがわかるようになっています。

ホスト名もなんでも構いませんが、既に使われているものは使用できません。

後で設定することもできます。

  

入力が完了したら、右側の「Free Sign Up」をクリックします。

f:id:aquarius999:20201001174441p:plain

 

クリック後、ダッシュボード画面になり登録が完了です。

これでダイナミックDNSのホスト名を使用することができます。

アカウント登録時にホスト名を後で登録としている場合は、

ダッシュボード画面から登録することができます。 

 

 

 

 

 

  3.バッファロールーターに設定

 

バッファロールーターは、様々あるのですが、

私が持っているAirStation WSR-1166DHP3に設定する手順を書いていきます。

多分バッファロールーター設定は、他の型番でも大体同じなはずなので参考にはなると思います。

 

まず、ルーターの管理画面にログインし、「詳細設定」に移動します。 

そして左側の一番上にある「Internet」ー>「Dynamic DNS」をクリックします。 

f:id:aquarius999:20201001174517p:plain

 

「ダイナミックDNS機能」で「No-IP」を選択し、

No-IPで登録した「Emailアドレス」、「パスワード」「ホスト名」を入力して、

「設定」ボタンをクリックします。

 

成功すると、下にある「ダイナミックDNS設定情報」に設定されて「更新成功」と表示されます。

(上記画像は、設定を一部白塗りしており状態だけを見せています。) 

 

これでダイナミックDNSの設定は完了です。

 

  4.Wake On LANでの動作確認

 

私は、外部からWake On LANで自宅のパソコンの電源を入れたかったのですが、

このままの状態ではルーターのログイン画面が表示されませんでした。

理由は、外部からアクセスするには、ポートをあける必要がありました。

これからルーターにポートを開ける設定を行いますが、

ポートを開けるということは、セキュリティリスクが伴いますので、自己責任でお願いします 

 

ルーターの管理画面にログインし、「詳細設定」ー>「管理」ー>「システム設定」をクリックします。 

真ん中付近にある「Internet側リモートアクセス設定」にチェックを入れて、

許可ポートを「80」で設定します。

f:id:aquarius999:20201001174545p:plain

 

最右下の「設定」ボタンをクリックして、設定完了です。

 

そしてやっとここで、ダイナミックDNSのホスト名でアクセスしてみます。

Wifiを無効にしたスマホから下記アドレスを入力します。 

http://(設定したホスト名)/login.html

 アクセスしてルーターの管理画面が表示されれば成功です。

この時点で、とりあえずダイナミックDNSの設定と動作確認ができました。

 

あとついでに私がしたかったWake On LANの動作確認もできました。 

 

  5.最後に

 

ダイナミックDNSのホスト名でアクセスできるようになると、

WOLでスリープ状態にあるパソコンを電源ONすることができたり、

ポートフォワードすることでLinuxにアクセスできたりと、いろいろできるようになります。

ダイナミックDNSを使用して自宅LANにアクセスしてみましょう。

そしてセキュリティ対策もしておきましょう。 

 

 

<関連・おすすめ記事>

Wake ON LAN(WOL)でUbuntu18.04マシンを起動する手順 - 水瓶座列車

Bluetoothでマルチペアリング(複数台接続)できるマウスのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

画面分割できるパソコンディスプレイのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

SSHの設定手順(Ubuntu18.04)とWindowsからのアクセス確認手順 - 水瓶座列車

Raspberry Pi (ラズパイ)で役に立つ書籍のおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車