水瓶座列車

どこまで行けるか、とりあえず発車します。

WindowsでC言語のプログラミング環境構築手順

 

C言語は、UbuntuなどのLinuxデバイスドライバカーネルに使用されていますので、組み込み系の仕事では、必須のプログラム言語になります。

C言語を仕事にしたいと考えている方は、WindowsよりもUbuntuのようなLinuxで始める方が良いですが、そもそもC言語がどのようなものか触ってみたいか方には、Windowsパソコンで簡単に、C言語のプログラミング環境を構築することができます。

その環境とは、マイクロソフトVisual Studioで、個人での使用であれば無料で使用することができます。

ここでは、Visial Studioのインストールからコンパイル/実行手順を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

1.Visual Studioのダウンロード

 

Visual Studioは、Visual Studioのダウンロードから下図の赤枠でダウンロードすることができます。

 

2.Visual Studioのインストール

 

Visual Studioのインストールは、ダウンロードしたexeファイルを実行します。

そして、下図のウィンドウが表示された後に、左側の赤枠の「C++によるデスクトップ開発」を選択後、右下にある「インストール」ボタンをクリックします。


C++と記載がありますが、C言語コンパイルすることができます。

インストール完了後に、MSアカウントにログインのウィンドウがでますが、とりあえずは、スキップで大丈夫です。ただ、ログインしない場合は、インストールしてから30日経過すると使用できなくなるようですが、経過した後でもMSアカウントを作成してログインすれば使用することができます。

 

3.C言語のプログラミング準備

 

Visual Studioを実行して、下図の赤枠の「新しいプロジェクトの作成」をクリックします。


次に、下図の上の赤枠の「空のプロジェクト」をクリックして、右下の赤枠の「次へ」をクリックします。

 

そして、ここでは名前の変更などはせずに、右下の赤枠の「作成」をクリックします。

 

次に、右側のソリューション エクスプローラーの赤枠にあるソースファイル上で右クリックをして、「追加」->「新しい項目」をクリックします。

 

次に、上部の赤枠の「C++ファイル(.cpp)」を選択して、左下の赤枠の名前を「main.c」にして、右下の赤枠の「追加」をクリックします。

 

C言語の場合、ファイルの拡張子は、「.c」で、プログラム処理が最初に始まる「main.c」から作成します。(C++の場合は、ここで拡張子を「.cpp」で作成します。)

これで、C言語のプログラミングの準備ができました。

 

4.作成したプログラムのコンパイルと実行

 

main.cのファイルを作成した後、下図のようなウィンドウになり、C言語を記述していきます。そして、作成したプログラムのコンパイルと実行は、下図の赤枠のボタンをクリックします。

 

クリック後、コンパイルが始まり、エラーが出なければ続けて下図のように、実行結果が表示されます。

 

これで、WindowsC言語をプログラミングする環境が整いました。

 

5.Visual Studioを使用してみた感想

 

Visual Studioをインストールするだけで、WindowsC言語のプログラミング環境ができますが、私が使用しているノートパソコンのスペックがCore i3、RAM 4GBのせいか起動が遅く、少し重いです。

快適さを求めるなら、スペックが高いノートパソコンやデスクトップパソコンの方が良いと思います。

 

6.最後に

 

C言語の勉強は、Windowsでもできますが、本格的に勉強するには、UbuntuのようなLinuxで行う方が良いです。そして、Linuxは、パソコンスペックにほぼ関係なく快適にC言語を触ることができます。

ただ、C言語がどういうものかをWindowsで触ってみることで、興味が持てるかどうかを判断できると思います。

 

<関連・おすすめ記事>

C言語の始め方と基本構造、コンパイルから実行までを解説 - 水瓶座列車

Linux勉強用の中古パソコンおすすめショップランキング - 水瓶座列車

C言語の繰り返し構文( while, do while, for )の解説と応用 - 水瓶座列車

C言語のポインタと配列について解説 - 水瓶座列車

C言語の関数定義と作成、コール(呼び出し)手順について解説 - 水瓶座列車

HTML/CSSを独学で勉強するための始め方 - 水瓶座列車