水瓶座列車

どこまで行けるか、とりあえず発車します。

無線で複数台接続できるトラックボールマウスのおすすめランキングベスト5

f:id:aquarius999:20210315054509j:plain

 

マウスを操作する時にマウス本体を動かすことが面倒だと感じていませんか?

また、パソコンデスクが狭くてマウスを動かすスペースがなく困る場合があると思います。

そのような時に、トラックボールマウスが便利です。

トラックボールマウスは、ボールを指で動かすことによってマウスポインタを動かすので、

マウス本体を動かさずに、マウス操作することができます。

また、パソコンやスマホなど複数台持っている方が多いと思います。  

そこで私がおすすめする複数台接続できるトラックボールマウスについて、

ランキング形式で紹介したいと思います。 

ランキング紹介の前に、まずはトラックボールマウスのメリット・デメリットについて、

解説したいと思います。

 

 

 

 

1.トラックボールマウスのメリット

 

・マウス本体を動かさずにマウス操作ができる。

 トラックボールマウスは、ボールを指で回してマウス操作をするので、

 マウス本体を動かす必要が無く、作業スペースが狭くてもマウス操作が楽にできます。

 

・手首の負荷を軽減できるトラックボールマウスがある。

 通常のマウスは、手のひらを下に向けた状態で操作するものがほとんどですが、

 トラックボールマウスでは、 手首の角度を握手をするような状態で操作できるものがあります。

 このような角度があるトラックボールマウスは、手首の疲れを軽減することができます。 

 

2.トラックボールマウスのデメリット

 

・ボールの手入れをする必要がある。

  デメリットを強いて言うならば、ボールやボールに接触しているローラーを時々手入れする必要があります。

 ほこりや手垢が、ボールやボールを支えているローラーにたまると操作しづらくなってきます。

 

 

 

 

 

3.無線で複数台接続できるトラックボールマウスのおすすめランキング

 

それでは、私がおすすめする複数台接続できるトラックボールマウスについてランキング形式で紹介したいと思います。

 

5位.サンワダイレクト トラックボールマウス 400-MATB155

 

 

このトラックボールマウスの特徴は、

Bluetoothで1台、2.4GHzナノレシーバーで1台の計2台に接続できる。

・電池式(単三電池1個)

・薬指・小指を支える2つのくぼみが付いている。

・Windows10、Android7~10、iOS13、Mac(10.14,10.15)などに対応。

です。 

 

トラックボールマウスに角度はありませんが、薬指と小指を置くくぼみがあるので、

通常マウスの持ち方より少し楽になります。

その分トラックボールマウス本体のサイズが大きくなりますが、

トラックボールマウス自体を動かす必要がないので、それほど気になりません。 

 

 

4位.ぺリックス トラックボールマウス PERIMICE-720

 

 

このトラックボールマウスの特徴は、

Bluetoothで1台、2.4GHzナノレシーバーで1台の計2台に接続できる。

・電池式(単四電池2個)

・取り外し可能なスタンドで角度を付けることができる。

Windows7、8、10に対応。

です。 

 

スタンドをつけると10度、20度の角度を付けることができます。

また、接続しているデバイスを切り替えるボタンは、マウスの裏側にあるのですが、

スタンドを付けていると切り替えボタンが隠れてしまうので、切り替え時にはスタンドを外す必要があります。

ただ、角度を付けたり、通常に戻したりできますので、状況に応じて使い分けることができます。 

 

 

3位.ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MXTB1s

 

 

このトラックボールマウスの特徴は、

Bluetoothで1台、Unifyingで1台の計2台に接続できる。

・充電式

Windows、MacOS10.13以降、Linuxなどに対応。

・そのままの状態から角度がつけれられる。

です。

 

このトラックボールマウスは、電源が充電式なので電池が必要ありません。

1回のフル充電で最長4ヵ月持ち、1分の充電で約1日使用可能な高速充電もできます。

バイスの切り替えボタンが、ホイールの下部にあり、切り替えが楽に行えます。

また、通常のマウスの掴み方から少し角度を付けることができます。

 

 

2位.ケンジントン ワイヤレストラックボールK75370JP

 

 

このトラックボールマウスの特徴は、

Bluetoothで2台、2.4GHzナノレシーバーで1台の計3台に接続できる。

・9ボタンあり割り当てのカスタマイズが可能。

WindowsMacに対応。

・手首の負担を軽減できるように角度がついている。

・電池式(単三電池2個)

です。

 

無線で計3台に接続できますが、そのうちの1つがBluetoothではないのが少し残念感があります。

ただ、3台に接続できるのは、次に紹介する1位を除いて、なかなか無いです。

また、形状が1位のトラックボールマウスと似ていますが、このトラックボールマウスは、ホイールが左右ボタンの中央にあります。

価格が1位よりも少しだけ高めですが、ホイールが中央にある方が良い方におすすめです。

 

 

1位.サンワサプライ Bluetoothエルゴトラックボール MA-BTTB179BK

 

 

このトラックボールマウスの特徴は、

Bluetoothで3台に接続(マルチペアリング)できる。

・Windows10, 8.1, 8.0, 7、Mac10.13~10.15、iPadOS13、Android7以降などに対応。

・手首の負担を軽減できるように角度がついている。

・電池式(単三電池2個)

です。

 

Bluetoothで3台にマルチペアリングできるトラックボールマウスは、

このマウス以外に見たことがありません。(マウス裏に切り替えボタンがあります。)

そして、2位のトラックボールマウスでは、ホイールが左右ボタンの真ん中にありますが、

このトラックボールマウスは、左右ボタンの真ん中ではなく、左ボタンの左横にあり、

人差し指でホイールを使用する場合の窮屈感がありません。

また、長時間操作でも手首が疲れないようにするために、握手をするような形でマウスを操作できることが、大変良いです。

 

電源は、充電式ではなく電池が必要になりますが、

トラックボールマウスとしての欲しい要素が全て揃っていますので、一番のおすすめです。

 

 

4.トラックボールマウスのボールについて

 

ボールは、取り外し可能なので傷ついたり割れてしまったりする可能性があります。

そのような場合には、下記のような交換用のボールがあります。

 

 

色の種類は、ゴールド、シルバー、ピンク、ブラック、ブルー、レッド、イエロー、グリーン、パープル、ラベンダーの10種類があります。

また、複数の色を持っているとその時の気分によって色を変えることもできます。 

 

5.最後に

 

トラックボールマウスは、手首が疲れないように少し斜めになっていたり、

置いた場所から動かさなくても操作できるので、かなり便利です。

トラックボールマウスを使用してみると、普通のマウスに戻れなくなるかもしれません。

一度、体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

<関連・おすすめ記事>

Bluetoothでマルチペアリング(複数台接続)できるマウスのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

USBポートやコンセント付きのモニター台のおすすめランキング - 水瓶座列車

画面分割できるパソコンディスプレイのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

ピボット機能(90度回転)があるパソコンディスプレイのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

仕事や勉強に集中できるパソコンデスクのおすすめランキング - 水瓶座列車

Bluetoothでマルチペアリング(複数台接続)できるキーボードのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

仮眠可能なほぼフルフラットになるデスクチェアのおすすめランキングベスト5 - 水瓶座列車

急速充電ができるタワー型電源タップのおすすめランキング - 水瓶座列車